ニューラインサカ

ニューラインサカ

整備主任 佐伯 尚人(さえき なおと)氏

NewlineSaka

茨城県桜川市真壁町627-3
TEL  0296-45-8863
https://www.newlinesaka.com/

営業時間8:30~17:30
定休日:日曜日・祝日・第2・4土曜日

プロフィール

創業したのは2007年で、以前はドレスアップカーのカスタムを中心に手がけており、四駆とは全く無縁の関係でした。それが一転したのは、現在の場所にお店を移転したことで、たまたま近くにロッククローリングのメッカの様な場所があり「これは四駆を、ロッククローリングを始めろと神様が言っているに違いない!」という事で、本格的に四駆のカスタムを手掛ける様になりました。いざ四駆と接する様になると、やはりオフロードを走ってこそ意味がある! と思い、6年ほど前からジムニーを、さらに3年ほど前からラングラーで本格的なロッククローリングができるカスタムを提案しております。ハードな走りをしてみたいと考えている方はもちろんウエルカムですし、一般的な車検・整備も行っておりますので、お気軽にご相談ください。

BFGここが強み

アメリカンジープを扱う様になってから特にそう感じますが、Jeepをカスタムするなら、やはりアメリカブランドのアイテムが非常によく似合いますね。このデモカーもUSブランドのパーツのみでカスタムしてあり、もちろんタイヤはBF Goodrichをチョイスしています。
アメリカはもちろん、世界中でも多くのユーザーアが選んでおり、「四駆のタイヤと言えばBF Goodrich!」と言えるほど、その名前は知れ渡っていますね。最大の魅力はロングライフ性能と高い耐久性で、ハードなロックセクションを走っても、全く根を上げる事はないですね。
タイヤサイズのラインアップも非常に充実しており、ノーマルサイズだけでなくリフトアップした車両にも対応する、豊富なバリエーションを展開するので、ユーザーがタイヤサイズを選ぶ楽しみがあるとも言えるでしょう。

実際に乗ってみて

前モデルのMud-Terrain T/A KMが登場した時にも驚かされましたが、
Mud-Terrain T/A KMはそれを覆す様な更なる進化を遂げたタイヤと言えるでしょうね。Mud-Terrain T/A KMでは気になったスカッキング(段減り)が改善されていますし、
しかもタイヤノイズが格段に静かになっていますね。同時に乗り心地もしなやかになり、快適性も向上しています。ちなみにロッククローリングを楽しむ場合に注意したいのは、そのグリップ性能。とにかくグリップするタイヤを選びがちですが、食い過ぎるタイヤですとクルマを壊す事になりかねません。その点Mud-Terrain T/A KMは、グリップして欲しい時にはグリップし、良い意味で滑って欲しい時に滑るコントロールしやすいタイヤと言えますね。個人的には、もっとオフロード性能に特化した、コンペティションモデルなどが登場するともっとタイヤを選ぶ楽しみが増えると思いますね。

newlinesaka 01

 

newlinesaka 02


JEEP WRANGLER JL UNLIMITED
装着タイヤ:Mud-Terrain T/A KM
37×12.50R17LT 124Q LRD

注)デモカーに関するご質問はショップまでお問い合わせください

サポートされていないウェブブラウザをお使いのようです
本ウェブサイトではサポートされていないウェブブラウザをお使いのようです。一部の機能が正常に作動しない場合があります。閲覧中に動作が不安定になる場合があります。このウェブサイトを最大限活用していただくため、以下のブラウザのいずれかを使用していただくか、アップグレードまたはインストールしてください