tire problems bg

タイヤのトラブル・交換の目安

タイヤへのダメージが見られる場合

パンクや空気圧が少ない状態や、そのような状態での連続使用によるダメージ。

1

1

サイドウォールが変形している場合

縁石やくぼみにタイヤが強くヒットした時に、タイヤ内部のコードが切れてサイドウォールの一部が膨れる傷をピンチショックと呼びます。このまま走行し続けると、この膨らみ部分が突然裂けてバーストにいたる危険性が高く、重大な事故につながる恐れがあります。速やかにタイヤ交換を行いましょう。

2

2

トレッドの偏摩耗

タイヤの過度な変形により過剰なストレスがかかると、偏摩耗の原因となりタイヤ寿命が短くなります。空気圧点検を日常的に行い、適切な空気圧を維持しましょう。

3

3

スリップサインについて

タイヤのショルダーやトレッド面をよく見ると、 △印(T.W.I)の近くで、溝が浅くなっている部分があります。タイヤが摩耗し、溝の深さが残り1.6mmになると、ここにスリップサインが現れます。これは摩耗の限度を示すもので、運動性能が低下したり、濡れた路面でスリップしやすくなるなどの危険をお知らせするものです。また、1.6mm未満の溝のタイヤで走ることは、道路運送車両法の保安基準により違法にもなります。このサインが現れたタイヤは絶対に使用しないよう、注意しましょう。もちろん、このサインが現れていない場合でも、使用中のタイヤに不具合を感じたときには、早めに交換することをお勧めします。

4

4