Skip to main content

ブランドヒストリー

Brand History

HISTORY OF BFGOODRICH

 

 

1870       ベンジャミン・フランクリン・グッドリッチによってBFGoodrichが設立される。

1896       米国で初の自動車用空気入りタイヤWintonを販売。

1910        米国で初めてコードを使用したタイヤBFGoodrich Silvertownを開発。
                ゴムの中にカーボンブラックを混ぜ、耐摩耗性と摩耗寿命を向上させた。 こうして、タイヤの色は一気に白から黒へと変わった。

1924        酸化やひび割れ、摩耗を抑える化学品を導入。

1929        年にはすべての米国製タイヤに使用されるようになった。

1927        チャールズ・リンドバーグ、BFGoodrichを装着した「スピリット・オブ・セントルイス」で、パリに着陸。

1940       合成ゴムを使用したタイヤを米国市場に初めて投入。

1947        初のチューブレスタイヤ。

1965        初の米国製ラジアルタイヤ。

1967        ランフラットタイヤの特許を取得。

1970        60シリーズ初のラジアルタイヤRadial T/A発売。現在、Radial T/Aは第五世代に入っている。
                ストリートラジアルタイヤRadial T/A装着、ポンティアック・ファイアーバードをベースにした
                The Tire Birdがレース用スリックタイヤ装着車に対して初めて勝利を収めた。

1972        ジョン・グリーンウッドのコルベットに装着されたRadial T/Aが、
                ル・マン24時間のGTポールをストリートタイヤとして初めて獲得。

1973        50シリーズ初のラジアルタイヤもまた、Radial T/Aだった。

1976        世界初のクロスカントリー4×4用高性能ラジアルタイヤRadial All-Terrain T/A発売。

1977        BFGoodrichのタイヤを装着して、スペースシャトルが初の試験飛行。

                BFGoodrich Radial All-TerrainT/A装着車は、Baja1000、Baja500で初優勝。
               その後も、数々の勝利をあげている。

1978        BFGoodrichはシェビー・ブレーザーをサポート。
                ブレーザーは数シーズンにわたって大活躍を演じ、オフロード界でのBFGoodrichの名声が飛躍的に高まった。

1980        初のオフロード用4×4ラジアルタイヤRadialMud-Terrain T/A発売。
                ジョン・バッファム、BFGoodrich Radial T/Aタイヤを装着してSCCAプロ・ラリー・オーバーオール・チャンピオンシップ獲得。

1982        初の米国製スピードレンジVのタイヤComp T/A発売。
                現在は第4世代に入っている。
                Comp T/A装着車はストリートタイヤとして初めてル・マン24時間IMSA GTクラス優勝に輝く。

1984        BFGoodrich T/Aタイヤを装着したジョン・バッファムが、キプロス・ラリーで勝利。
                アメリカ人として初めてユーロピアン・チャンピオンシップ・ラリーの優勝者となった。

1985        IMSAキャメルGTでストリートタイヤとしてBFGoodrich装着車が初勝利。
                リバーサイド・レースウェイで開催されたタイムス・グランプリで、バスビーレーシングのピート・
                ハルスマーとジョン・モートンが1-2フィニッシュ。BFGoodrich装着車、GTPで初のポール。

1988        Comp T/Aが米国製のタイヤとして初めて、ポルシェの純正装着タイヤに選ばれる。
                アキュラに乗るパーカー・ジョンストンがIMSAインターナショナル・セダン・カップで勝利。

1989        バスビー・レーシング・ポルシェ962がデイトナ24時間とパーム・ビーチ・グランプリで優勝。
                BFGoodrich T/Aタイヤが、ポルシェにIMSAGTPにおけるこの年の全勝利をもたらした。

1990        コンプテック・レーシングがデル・メアで開催されたIMSAキャメル・ライト・レースで初勝利。
                この後、BFGoodrichを装着したアキュラ・スパイスが1991年、1992年と2年続けてシリーズを征した。

1991        世界初のウルトラ・ハイパフォーマンス・クロスカントリー4×4タイヤBaja T/A発売。
                ラ・カレーラ・パンアメリカーナでBFGoodrich T/Aタイヤ装着車が1-2-3フィニッシュ。

1993        初のロッククライミング・タイヤであるRadial All-Terrain T/AとRadial Mud-Terrain T/Aのモアブ・エディション発売。

1994        BFGoodrichT/Aタイヤを装着したロッド・ミレンが名高いパイクス・ピーク・ヒルクライムでレコードを樹立する。

1995        BFGoodrichは世界初のラジアルプライのドラッグレーシングタイヤComp T/A Drag Radialを発売。

1996        Comp T/A Drag Radialが、ナショナル・マッスルカー協会のストックETチャンピオンシップを獲得。

1998        BFGoodrichタイヤ、G-Force T/Aレースタイヤを発売。SCCAトランザムシリーズの公式スポンサーとなる。

2000       BFGoodrichタイヤ、アメリカンスピードアソシエーション(ASA)のストックカーレーシングシリーズの
                公式スポンサーとなる。All-Terrain T/A KO発売。

2001        世界初のハイパフォーマンスカラータイヤScorcher T/A日本初上陸。

2002        BFGoodrichタイヤ、全日本GT選手権初参戦。
                 装着車GT300クラス、ドライバーズチャンピオン獲得。
                 Mud-Terrain T/A KM発売。

2003       BFGoodrichタイヤはオフロードレーシングとロック・
                クローリングクラスで年間241勝という快挙を成し遂げた。Krawler T/A KX発売。

2004       BFGoodrichタイヤ装着車が2004 年パリ・ダカールラリーを3連覇。
                またBaja1000では驚異的な19回連続の総合優勝を達成。

2008        Mud-Terrain T/A KM2発売。 2012BFGoodrichタイヤを装着したMINI ALL4 Racingsが
                 ダカールラリーで優勝。 BFGoodrichにとって12連勝を達成。

2015        All-Terrain T/A KO2 日本で販売開始